教室ブログBLOG

教室ブログ - 全記事一覧

【番外編】私のピアノ人生②ピアノ購入をめぐる母の想い

今日は春一番が吹いたとか✾
まちなかの梅の木が満開になっていたり、少しずつ春の息吹を感じるこの頃です。

さて、前回からお届けしている私のピアノ人生シリーズ。

今日はピアノ購入についてのお話をお届けします。ピアノ購入については教室の内外を問わず相談される事が多い案件のひとつです。以前、ブログにも記載した事がありますがピアノの購入については、環境や予算が大いに影響しますので他の習い事に比べてハードルが高くなっているひとつとも考えられます。私の子供時代と今のお子さんとでは社会の移り変わりも大きく変わっているので参考になるかは分かりませんが、あくまで自分のケースとして書きます。

私は、ほぼピアノを習うのと同時にアップライトピアノが家にある家庭でした。
ちなみに私の家は170強の住戸がある集合住宅、道路側から2番目の家です。鉄筋コンクリートで防音室の設置はしていない環境です。
その時点でおそらく今ではNGな状況でしょうが、当時のお稽古事といったらそろばん、スイミング、習字かピアノ、、、みたいな時代でした。そしてクラスの女子ならピアノを習っていない子は女子全体の1割程度くらいの(記憶の限り)、それほどに猫も杓子もピアノを習っている時代でした。なので割と、どこのご家庭にもピアノがあった時代でした。
また、幸いにも集合住宅でありながら私の家の四方のご家庭も吹奏楽部に所属しているお姉さんや、後に声楽で音大受験をされる年下の女の子、男の子3人のやんちゃ坊主を抱えるご家庭だったり、と絶賛子育て奮闘中のご家庭ばかりだったので、今ほど騒音?に対して厳しくない、大らかなご家庭ばかりの恵まれた環境におりました。私としては音だしは10時~19時の間に納めるようにしていました。そもそも、そんなに練習もしていなかったから聞こえる事も少なかったかもしれません(笑)

タイトルから若干、話が逸れてしまいました。
アップライトピアノが最初から家庭にあった訳ですが、当時はきっと電子ピアノの販売台数は今より圧倒的に少なく(当時はエレクトーンが同じ立ち位置だったか?)、バブルの時代も追い風となって楽器店もアップライトピアノばかりを販売していたと思います。でも当時でも価格は50万円台~200万台だったのではないでしょうか。ちなみに私に買い与えられたピアノは70万円台のピアノだったと後に聞きました。

今、大人になって考えれば自分の事とは言え、「凄く恵まれた環境じゃん!!お前はお嬢様か!」と突っ込みたくなります。が、当時私には権限も資産も主張も持ち合わせておりませんので、その点は私の意思でも判断でも行動でもなかった事をご容赦ください。

ちなみに我が家は父が有名どころでは無い出版社のサラリーマン、母は専業主婦というごくごく普通の家庭です。あと5才上に兄がいる4人家族です。ピアノを習い始めた頃、まだまだ父も管理職でも無く育ち盛りの兄と私を抱えた家庭で、70万もの代物を買おうとは今だったら考えられません、少なくとも私は。

ピアノを買おうと揺らぎのない判断を持っていたのは母でした。
私のピアノレッスンスタートに伴い、母はまず父に話しを持ちかけます。父は反対しました。
父→「子供の習い事で長く続くかもわからない事に70万もかけられない」
(私の心の声 うんうん、当然だね)

次に母は自分の実家の両親に相談を持ちかけようか考えましたが諸般の事情からこちらは交渉までには至りませんでした。

そして次にあたったのが私の祖父母、母にとっては義父母に相談しました。祖母は父と同じ理由で反対します。
母は諦めず、祖父に相談しました。

母→「せっかくお稽古事を習わせるんです。本物を使わせないと意味がありません。」
祖父→「あい分かった。いくら、いるんだ」

となったのでした。
当時の祖父は某観光地を走る登山電車の交通部門の役員で後に社長まで歴任する立場となる訳ですが、当時、覚悟も何もない私のお稽古ごとに無条件でピアノを買ってくれたのでした。私の生徒さんの何人かは知っていますが、その後に追加で購入した現在の教室にあるグランドピアノも祖父が買ってくれたものです。

母の想いとしては、本物を使わせる事で、習っていくうちに本人の自覚を覚悟が芽生えて、いつかピアノが私の人生にとって糧となり、自分自身を立ち行かせるものになってくれたらという淡い期待が込められていたそうです。そして、その考えに祖父も賛同してくれたようでした。

結果、今は母と祖父の想いが実を結んだ?形となりましたが、当の私自身はその想いに報いよう!というプレッシャーや強い覚悟をもって現在に至ったとは思っておりません。今でも不出来な、いちピアノ学習者な訳ですが・・・。

幸い、母も楽器を買ってもらったから!と私にそれを強いるようなことはしませんでした。
ピアノ購入にあたっての判断と行動を貫いた母は凄いなーと思います。

そんな母の想いを踏みにじって、購入して2年も経たずして私のピアノ噛みつき事件が起こります。
つづく。

私のピアノ人生①はじめたきっかけ

2月になりました。昨日は関東でも警報級の大雪との事で、予報通りまあまあの積雪。
レッスンは安全優先で朝の段階で休講判断にしました。

さて、今日は講師である私のピアノ歴の事について書こうと思います。タイトルにピアノ人生などど大それた標題に書きましたが、なんという事はない普通(?)の記事です。
ただ、今ピアノで悩んでいる方や始めようかなと思っている方の何かしらのヒントや気づきになってもらえれば、という想いで書きます。

本日は「はじまり編」です。

私がピアノを始めたのは4才年中の頃(生まれが遅いので)。当時、通っていた幼稚園に放課後になるとヤマハの音楽教室が開催されていました。マンション住まいの私の環境は、その当時同級生だけでも同じマンション内に10人はいて、きっと誰かのお母さんが「うちの子、今度ピアノ始めようと思うんだけどお宅のお子さんもどうかしら?」的な感じでピアノを習うきっかけが転がっていたのだと思います。バブル崩壊寸前のその時代、世の中の流れは庶民であっても一流で良い物を!みたいな風潮があったと思われるので、今では考えられないくらい猫も杓子も女の子ならみんなピアノを習っている、みたいな時代でした。

私は全く記憶にありませんが、そんなママ友のコミュニティから私の母親も声をかけられたのだろうか、ある日私に「ピアノ、やってみる?」と聞いて、「うん」と当時の私は即答したそうな。全然記憶にございません。はじめたきっかけも高校生になった時に「ねえ、なんで私にピアノ習わせたの?」と自分から聞いてこのいきさつを初めて知ったのでした。
ちなみに、私の母は、母の時代には珍しくピアノのお稽古を自身もやっていたとの事。けれど練習が嫌で途中で投げ出したという過去の持ち主。けれど何故だか自分の娘には習わせたのですね。習わせたいきっかけとしては「何か手に職を」や「母自身(父親も)音楽が好き」というのはあったと後に聞きました。

その時点で「何か手に職を」はかなり望み薄な賭けだとは思いますが、かくして私は同級生8人くらいと週1?くらいで放課後の幼稚園で開催されるヤマハ音楽教室の門を叩いたのでした。

しかし、そのスタイルのお稽古は1年くらいで幕を閉じます。何故なら、環境が楽しくなかったから。今でも鮮明に覚えていますが、当時レッスンで使っていた楽器は、生徒はみんな足踏みオルガンで先生のみがアップライトを使うという状況。今のお子さんはきっと足踏みオルガンを知らないのでは。
仕組みとしては楽器下部にあるペダルを踏むか膝のあたりにあるレバーを押さえていると空気の出入りによって音が鳴る仕組みのオルガンでした。なので、課題を弾く時に保護者は生徒の横にいて、そのペダルを弾く役割を担う訳ですがタイミングが悪いと音が鳴らない訳です。この歯がゆさったら!

当時、自宅にアップライトピアノがあった私は「なんでレッスンにきて、音の出ないオルガンなんか使わにゃならんのじゃ!」と甚だ疑問でした。そして、レッスンは集団で行っていたのでペースも足並みを揃えねばなりません。私は楽器に、母はレッスンのペース配分に違和感を感じたため、幼稚園を卒園する前に一緒に始めたお友達とは別々の道を選択するようになりました。

でも私自身は、レッスンについてのストレスはなく(覚えてないだけ)、お友達と放課後も違った環境で会える、という特別感はわくわくしたのを覚えています。

と、はじまりはこんな感じでした。
次回は、ちょっとスピンオフ、楽器購入をめぐっての母親のお話編をお届けします。

辰年レッスンスタート🐲

波乱の年明けとなりました2024年。
遅ればせながら本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年のレッスン始めは4日からでしたが、全ての曜日の生徒さんにお会い出来たのはやっと昨日の事。(祝日がお休みのため月曜の生徒さんは昨日から)
皆さんお元気そうで何よりでした(*^_^*)

長期休み明けのレッスンは、毎回なぜだかウキウキします。
お休みも良いのですが、皆さんと会ってお話するのが楽しいのかもしれません。生徒さんに限らず、街中を歩いていると色々な方とバッタリ遭遇してご挨拶するのも日常に戻った感じです。

3学期は、毎年春に開催される教室の発表会&昇級テストの準備で割と濃い期間になります。
大変な時期でもありますが生徒さんの成長を一番感じられる時期でもありますので、体調を崩さずに春まで通常運行していきたいです。

今年も生徒さんの心と知識が豊かになるようなレッスンを発信していきたいと思います🎹

1 2 3 46