教室ブログBLOG

教室ブログ - 全記事一覧

視力も大事

10月に入り朝晩の冷え込みが強くなってまいりました。秋ですね。

最近、レッスンをしている時に楽譜を見にくくそうにしてピアノを弾いている生徒が数名見受けられます。最初は練習不足かしらと思って見ていましたが、どうもそうではなさそう。とある小6男子がソナチネという、クラシックの中級レベルくらいの曲に取り組んでいて16分音符の羅列が増えたところに差し掛かるとミスタッチやらペースが急にダウンするのです。テクニック的に難しいから、という一因もありますがここで詳細の説明を加えましょう。

まず1つ 楽譜に書かれている音符ですが曲自体のレベルが上がると音符のフォントも小さくなる
2つ 16分音符という音符は早く弾く音符で(テンポによりけりですが)、表記も密集している


(こんなの)

1つめに関しては、弾く曲の情報量も影響しますが本当に習いたてで小さい子を対象にした楽譜はおんぷも大きくかかれているんですよね。最近はシニアのための楽譜も多く出版されてきたので、わざわざ「楽譜が大きく見やすい」という仕様の楽譜も出版されいます。自分が青年期に向かって成長していく時は、音符の大きさが小さくなるほど自分が成長しているという感覚もあってむしろ誇らしく感じている点もありました。ちょうど小6の生徒さんもまさにその時期。楽譜の音符が小さくなってきているんですね。

2つめの16分音符は1拍のカウントの中に4つの音を入れ込む音価なので当然弾くと速くなるわけです。だからテクニックも勿論必要。いわゆる、皆さんが演奏を聴いてピアノらしい!と感じる聴きごたえの箇所にはこの16分音符が盛り込まれている時も多いでしょう。なので見た目もテクニックも難易度があがってくるのは確かなんですね。しかし冒頭の生徒さんは良く指も回るし、これまでの学習では似たような事があっても弾けていたからなんでだろうと思い、「つかぬ事を聞くが視力検査はA判定かね」と聞くと「片目はAで片目はCだよ!」と。やはり!!

私個人は小3からD判定をくらう視力の悪さだったので楽譜の難易度が上がる前に眼鏡生活になってたから違和感はありませんでしたが、なるほどそういう事か。近視以外にも中年になってくると譜読みが厳しくなってきた(´;ω;`) 親子さんで習ってくださっているお母様も夕方から午前中のレッスン時間に変更した際に「時間帯が違うとこんなにも同じ楽譜でも見やすさが変わるんですね!」と実感のこもったコメントをしてくださっていました。

考えてみれば今年、小3小4女子も眼鏡デビューし、眼鏡かけてないまでも同じような現象が該当するその他の生徒もちらほら。
楽譜が見にくいことでピアノが弾けてないことも起こっていますので、少し気になった方はその点も考えてみてくださいね。

小江戸「川越」夢ピアノプロジェクト

川越のまちに駅ピアノ&街角ピアノを!

1台のピアノが奏でる「音楽」に人が集い、「笑顔」と「出会い」が生まれる。
誰もが気軽に立ち寄て演奏したり聴き入ったり出来るそんな憩いの空間を川越に作りませんか。

というスローガンの下、現在活動を始めました。
うちの教室も実行委員として活動協力をしております。ちなみに組織の事務局は当教室内です。

2月末に発起人である地元、尚美学園大学の先生からお話を伺い賛同して4月から少しずつですが準備を進めて参りました。しかし時はコロナ真っ最中!なかなか活動を大きくは出来ません。
しかし先週4連休の9/21(月)にプロモーションイベントとしてクレアパークで開催された第1回クレア祭に参加させていただきました!

まずは皆さんに初お披露目して一人でも多くの方に知ってもらう事。
まだまだ駅や大型施設、観光地でのピアノ常設は厳しいですが少しずつイベントを発信していけるようにします。

今後の活動の様子につきましては各SNSにてお知らせしていきます。
宜しければフォロー、お願い致します♪

Facebook  →https://www.facebook.com/groups/212346033177280
Twitter→https://twitter.com/Kawagoe_Piano
Instagram→https://www.instagram.com/kawagoe_piano/

川越らしいイベント

日暮れのはやさや夜の虫の声に少しずつ秋の気配を感じる日になりました🐝

突然ですが皆さんは「川越といえば?」と聞かれらたどんな答えが出てきますか。
時の鐘、蔵の街、菓子屋横丁、さつまいも、日帰り観光地…、などなど色々なワードが聞こえてきそうです。
そんな中でも、最近川越のまちを賑わわせている景色は「着物」です。
街中を歩くと若者や外国人、妙齢の方々男女問わず着物をお召しになって川越の街を練り歩いています。以前、バイオリニストの宮本笑里さんが川越でコンサートをしてくれた時も「川越って着物を着られている方がすごく多いんですね」と話題に触れてました。

その川越の顔になりつつある着物とピアノがコラボしました!!

着物でまちを盛り上げてくださっているお店の方々が、このコロナ禍で寂しくなってしまったまちなかを盛り上げようとイベントを企画されました。

キモノでピアノ」👘←クリックすると詳細記事がでます

演奏者は着物をお召しになりながら川越の観光スポットに点在するお店の軒先でピアノを演奏するイベントです。既に予約で満杯だそうです。対策をしながら絶賛開催中です。
マルヒ情報ですがストリートピアノ系で動画投稿をしているユーチューバーの方もいつかの日程で出演するかも?!
雨天延期になりますが、イベント自粛の今年、近場で楽しいスポットにお出かけされてはいかがでしょうか。着物を着てお客さんになったら、いつもと違う楽しみが見つかるかもしれません。

本当は私も9月6日に演奏では無くて、お客さんとして着物着用で参戦するはずだったのに台風の影響で延期になってしまいました(´;ω;`)

残りの日程で覗きに行けるかな?明日から、
9/12(土)、9/13(日)、9/25(金)で開催されます。

1 2 3 30