教室からのお知らせNews

教室からのお知らせ - 全記事一覧

気になる映画

ピアノをネタにした書籍や映画がたまにありますが来月、見てみたい映画が公開との事。

「羊と鋼の森」

以前、生徒さんから絶対におススメです!と教えていただいていた作品。
実はまだ読めていないのですが、調律師さんのお話なのかな?

調律師さんの存在って縁の下の力持ち的な感じで、あまり表に出てフォーカスされる事は少ないかもしれませんがピアノにとってみてはお医者さんのような整備士さんのような大事な方達なんです!アコースティックのピアノは弾いてるうちに音の出る装置に微妙な狂いが生じ、それが音程の歪みになります。他の弦楽器や管楽器と異なり、その場で調整する事が出来ないため専門の調律師さんにコンディションを整えてもらうのです。(中にはピアノ奏者でもご自分で直される方もおられるようですが)
電子ピアノと違って気温の寒暖差、湿度の高低によって木製であるピアノは膨張したり縮んだりもするんですね。調律の際は音程の整音からタッチの事、ピアノ内部のお掃除、いろんなことをしてくださいます。さながら車検のようですな!私は1年に1度の目安で教室のピアノを調律しますが、使用頻度によって依頼するタイミングは様々。また、発表会やコンサートのステージ本番の際もよほどの事情が無い限りは必ず調律をしてもらいます。

本のタイトルになっている「羊」とは、ピアノの発音装置であるハンマー(羊毛でくるまれてるから)、「鋼」とはピアノ線、いわば音が直接鳴る弦の事を指すのでしょう。
奏者が主役になる作品が多い中、調律師さんにスポットを当てているのがどんな内容になるのか楽しみです。俳優は山崎賢人さん。某たび屋の息子さん役が好演でした。
音楽担当も久石譲さん、辻井伸之さんの強力コンビ。

公開は6月8日(金)だそう。見に行ってみたいです♪

 

 

ナイトアワー始めます☽

GW目前となりました。今週は来月からスタートする新スケジュールの調整に追われています💦
生徒の皆様、お問い合わせいただいている方々、ご迷惑をおかけしますがしばしお待ちください。

お教室では今期、ナイトアワー☆ と題しまして通常営業時間より少し遅い時間でのレッスンを開講致します。水曜限定 で 22時まで営業時間を延長致します。会社帰りやノー残業デイを活かして趣味の時間を楽しんでみませんか?ヨーロッパのピアノセミナーや弦楽器・声楽等のアンサンブルで研鑽を積んだ佐藤講師が親切かつユーモアを持って指導致します。
まずは体験レッスンからどうぞ!

発表会開催決定☆彡

新年度に伴いHPをリニューアル致しました!
久しぶりの更新です。

さて、今年も発表会を開催する事が決定いたしました。
日時は2018年6月30日(土曜)、ウェスタ川越リハーサル室です。
開演時間等の詳細はまた改めてお知らせ致します。

当教室では発表会の参加は生徒さんの任意となっております。習い始めたタイミングやあがり症、スケジュールのご都合など考慮して。昨年は在籍されている生徒さんの6割位の方々にご参加頂きました。
発表会に参加いただくと目に見えてどの生徒さんも大きな成長があります。それはたった1回と言えども普段の練習とは違う経験を積まれるからでしょう。
成長となる要因は以下のように考えます。

○人前で弾く事で度胸がつく
○極度の緊張を体感し、乗り越える!
○計画立てて準備をすすめる事
○他の生徒さんの演奏を聴き刺激となる
○全て自力で取り組む
○完成した演奏のレパートリーが増え自信になる

当たり前に聞こえるかもしれませんが自分の身で持って経験した事はおおきな財産となります。お金で買えるものではありません。
経験した事はピアノのレッスンだけでなく、あらゆる場面で自分を救う術となります。

最近では発表会に参加されるご家庭も数年前に比べ減ってきました。参加して演奏が終わった後に嫌だったと言った生徒は記憶を辿ってもおりません。(参加する前に緊張する事が分かってて嫌だという生徒さんはおりますが・・・。)むしろ失敗をしても「来年は頑張る!」や「もっと上手に弾けるようになる!」などの声を聞きます。
様々なご事情があるとは思いますが、参加を躊躇っている生徒さんは目に見えない沢山のメリットに期待して是非前向きに検討してくれれば、と思います。

私の思う一番大事な事は上手に弾く事ではありません。
弾こうと一生懸命に前向きに取り組む心持ちと行動です。

今年も皆さんの大きな前進を願って☆彡準備、頑張るぞ!

1 2 3 4