教室ブログBLOG

2020年 7月 の投稿一覧

~お教室でも鬼滅ブーム~

7月最終週。教室の中学生、高校生、大学生は絶賛試験中!大奮闘しております。
変則スケジュールに見舞われている今年度、学生の皆さんはつくづく頑張っていると思います。思うような成果が出さなくても決して自分を責めないで欲しいと思う今日この頃です。

さて、今日の話題はブームの「鬼滅の刃」についてです。
小学校高学年の子や中学生の子に言わせると既に最盛期は過ぎた、と申しておりますが…。

お教室では、今が鬼滅ブーム!
テーマ曲になっている「紅蓮華」は4人の生徒さんが今まさに取り組んでいます。同時期に同じ曲を4人も取り組むなんて、教室始まって以来ない程珍しい事なのです。過去に重なったのはアナ雪かな。

曲に取り組んでなくても認知度は広く、下は幼稚園の子から上は成人まで1日1回はキャラクターなりグッズなどの話が浮上します。

鬼滅の刃という言葉を初めて耳にしたのは去年の暮れでしたでしょうか。教室に在籍するゲーム好きでユーチューバーにも詳しい仲良し小5男子組に最近ハマッているアニメについての返答の際でした。当初聞いた時、「キメツってなんじゃい」と袖にもかけませんでしたが、あれよあれよといううちに「紅蓮華」学習希望者が増えていきました。※紅蓮華は鬼滅の刃のアニメテーマ曲。

これは、知らないままじゃまずいわね~と思いレンタルコミックで漫画を読みました。すると、みんなとのコミュニケーションが弾む弾む。小1の子なんかは、ちょっとメロディを弾いただけでも歌いだし、全歌詞暗記していました!
また、高学年女子はレンタルコミックでは借りられない最新刊をわざわざ、家族の目を気にしつつ私に貸してくれました(´;ω;`)なんと…。ありがとうね!
流行ってすごいなー、影響力も認知度も世代を超えて認識されているなんて!とつくづく感じました。自分の好みに関わらず、みんなが好きな物、はまっている事を知ると生徒さんとの距離も近くなって共有できるものが増えるから楽しい時間になっています。

お教室では、ヤマハのオンライン楽譜購入サイト「ぷりんと楽譜」からのアレンジを使う生徒さんが多いです。それぞれのレベルのアレンジがありますのでご参考まで。

紅蓮華譜面

本日より受付開始!今はWebゼミ

お店の人が講師になって専門知識や情報を無料で聞けちゃう得するまちのゼミナール、通称「まちゼミ」。
夏のイベントとしてここ数年教室も参加しておりましたが、今年はWebゼミになりました!!

皆さんご存知のように、今年は全世界においてコロナ禍に見舞われております。生活様式や仕事の仕方、趣味の楽しみ方もスタイルを変えていく世の中になりました。

本来まちゼミは直接、お客様とお店の人が同じ空間で同じ時間を共有するゼミナールでしたが今年はその形式では開催出来なくなりました。なので初の試みとして川越まちゼミ番外編としてオンライン形式によるWebゼミを開催します☆彡

教室からの講座内容は、

【楽譜の読み方講座】
①8/4(火)14:00~15:00
②8/8(土)11:30~12:30
③8/26(水)10:00~11:00

の3日間で開催します。内容はタイトルそのまま、楽譜の読み方について解説します。受講料は無料。どなたさまでもお申し込みいただけます。但しお子さんの参加は保護者さまがお付き添いください(PC操作を補助してあげてください)

詳しくは今はWebゼミホームページへ!
https://kawagoe-machizemi.net/

他にもステイホーム中の運動不足を解消できそうなストレッチ講座、ネットの活用に伴い必要そうなサイバーセキュリティのお話、いつものまちゼミでも人気講座の紅茶屋さんと作るスイーツや似合うメイク術、お子さんのお勉強や夏休みの課題に役立ちそうなプログラミング講座などがあります。
ご自宅の涼しい場所でお店の情報をお得に楽しんでみませんか?

今回は告知方法もチラシが無く、オンラインとなってしまいますが参加店舗一同皆様のご応募を心よりお待ちしております!
いつもより受講申し込みの競争率が低そうな今がチャンス!

コロナ禍で助けられたこと

7月2週目経過。梅雨真っ只中です☂
例年、湿度Maxのこの季節はピアノの調子が絶不調な所に加え、コロナの影響で調律もまだ出来ていないから音がビロンビロンで悲しいです😢

しかし先月から教室レッスンを再開してからと言うもの、生徒さんの皆さんには以前と同じように毎週元気にお越し頂いて、大人の生徒さんはとみに「やっぱり対面でレッスンした方が張り合いも出るし、生の音は聴けるしこっちのが良いですね」とお声をいただく事が多いです。ありがたや。
しかし、また最近では感染者が増加傾向にありますので油断せずになるべく今の状況を継続していきたいと思っています。

自粛期間中、なんとなく動きが停滞した感じがあり、さりとて動くわけにもいかずお家時間を長く過ごした期間を経たわけですが良かったかな、と思う事がありました。
ひとつは「楽器を始めたいと思った(気持ち)や(人)が増えた?!」という事と、
ふたつは「生徒さんの大きな成長があったかな?!」という事です。

例年だと年度の切り替えに伴い、お教室への問い合わせもある時期なのですが見事にコロナフィーバーの時にぶち当たりました。同業の友人とも今年は新規の生徒さんは難しいかもと話しておりましたが、なんと有難いことに教室レッスンを再開してから体験レッスンへのお問い合わせが数件ありました。すでに在籍の生徒さんからも「知り合いがこの年になってピアノ始めたって。家時間が長いから」という話を聞いていました。お教室へのお問い合わせも例年だと幼稚園や小学生のお子さんのお問い合わせが多いのですが、今回は中高年の方が多いのもなんとなく納得です。おうちで過ごす時にピアノは持ってこいですね。元々室内で練習するスタイルだし、簡単すぎると飽きるけど少し難しい位で長く続けるにはピッタリかもしれませんね。他の家族の迷惑にならない事が大事ですけれども。

そして生徒さん。自粛中に体力も気力も温存出来たからかピアノへの練習量や集中力が増した模様です。そしてオンラインでは、肌で感じるコミュニケーションや視覚伝達が劣る分、一生懸命こちらが言わんとする事を想像したり理解しようとする姿勢が、総じてどの年齢の生徒さんにも見受けられました。また指導を出来ない時間が長くなった事で、分からないなりにも自力で進めた様子も感じられました。それらが功を奏しているのかレッスンを再開してから1から10まで説明する事がグンと減りました。課題もペースアップして進められる事が多く、心なしか以前よりスムーズに感じる事があります。

不自由な時間が学習や意欲への加速度や理解度を高めたように思えます。
ついマイナスな面に視点がいきがちですが、コロナ禍によって新しい気づきが得られた良かった面も沢山あるはずです。不自由に感じた事も良かった事も糧にして過ごしていけたらと思います。