ふりゅーげる余話「メトロノーム」

2016年09月17日

教室のレッスンでは小道具がチョロチョロ登場します。
中でも出番が多いのが、

メトロノーム

メトロノームは演奏している楽曲を一定の速度に統一する際、練習時に用います。
音楽は原則的に一定の速度下において演奏されます。(これをテンポと言います)。しかしながら、まだ指が十分に動かなかったり、譜読みがスムーズにおいつかないと1つの楽曲内であっても箇所によって1、2、3、4、と小気味良く進行していく時もあれば1、、23、4 など不規則にテンポの間隔が空いてしまう時があります。テンポが一定でないと聞いている側としては「あれれ?」と思ってしまい、せっかくの音楽が残念なものになってしまうのです。

これを矯正する目的でメトロノームを使用します!

お教室にあるのはオーソドックスなスタンドタイプ。真ん中の軸が振り子のように左右に揺れてカチ、カチ、カチ、カチとテンポを刻んでくれます。ある程度の大きさなので演奏中にピアノの譜面台近くに置いて使用すれば視覚的にも聴覚的にもテンポを肌で感じることが出来ます。お値段はメーカーにもよりますが4000円台~5000円台位です。ちょっと凝ったデザインのものや素材にこだわると1万円位のものもあります。レッスン中、非常に重宝しますがデメリットは持ち運びが出来ないこと。中は時計と同じ精密構造になっているので衝撃や水平な所でないとすぐに振り子のふり幅に支障が出て均等なテンポを刻むことが出来なくなります。ご自宅でご使用の場合はどうぞお気をつけくださいね。

もし持ち運びをしたい場合はカードタイプのメトロノームもあります。こちらはデジタルです。スタンドタイプのメトロノームと違って振り子の代わりに機械中央の画面に光が点滅するようになります。こちらは非常にコンパクトなのでカバンにぽんと入れてどこにでも携帯出来ます。大抵のものはアンプなどに接続することが出来るので、テンポを刻むポコ、ポコという控えめなビート音も拡張することが出来ます。お値段は2000円台~3000円台といった所でしょうか。バンドなどで活動されている方にはこちらの方が普及しているでしょう。

また最近ではスマホのアプリにもフリーのメトロノームが沢山あります。わざわざ機械を購入するほどではないかな~、ちょっとお試しにどんな感じかな、という方にはお手頃です。ただ、あまりにも沢山の表示形態があるので自分にとって一番使いやすいものをダウンロードしてくださいね。




無料体験レッスン随時受付中!

教室のごあんない

川越駅近くのピアノ教室です

川越駅より徒歩4分のピアノ音楽教室Flugel(フリューゲル)の地図

地図拡大

お問い合わせ

川越駅近くのピアノ教室です

※受付時間 10:00~21:00

レッスン中は電話に出られないことがあります。
留守番電話にメッセージを残して頂くか、メールにてお問い合わせください。

リンクについて